aj 夢・願望実現の達人 宝地図・ドリームマップ・ビジョンボードと引き寄せの法則の実践と効果:2009年03月 - livedoor Blog(ブログ)

2009年03月

2009年03月31日

不労所得(収入)を得られる(稼げる)人、得られない人

不労収入を得られる(稼げる)人、得られない人

ネットでサイトを作って稼ぐというのはある意味不動産に近い。不労所得、不労収入と言える。

そのために何が必要かと言えば、まず、ゼロから1に立ち上げること。それさえできれば後は規模の拡大だけだ。

自分でやってもいいし、人を雇ってやってもいい。

そして、その過程でさらにおいしいやり方を開発していけば収入が増えないわけがないのだ。

収入が増えていかないというのは、作業が足りないか、間違った方向で作業をしているからだ。

だから、正しい努力をしっかりやればネットから収入を得るのはそれほど難しくない。

理論的にはそうなのだが、実際ネットで月100万以上稼いでいる人たちはかなり努力している。バックリンクサイトを作ったり、サイトの成約率を上げたりと言った努力をかかさない。

そして、そういうテストが簡単にできるのがネットビジネスの特徴である。

ということは、きちんとやり続ければ誰でも稼げる、ということなのだ。それを信じてやり続けられるか、途中でやっぱり稼げない、と言って脱落するか?

そこにネットで稼げる人と稼げない人の違いがある。

ネットで稼ぐことは、ある意味、受験勉強に似ていなくもない。勉強方法を改良しながら、今一番いいやり方で少しでも長く勉強する。

ネットでも、今少しでも稼げるキーワードがわかれば、それを徹底的に量産する。それとともに、さらに稼げるキーワードが無いか、探し続ける。

この両方をきちんとやっていけば稼げないなどということはあり得ない。

アドセンスマスター養成プログラム

稼げなかったら2倍返金されるのでどっちにしても儲かるという気が狂ったようなプログラムです。

こちらは無料お試しができます。

アドセンスアフィリエイトパック

30日間送料の970円だけでお試しできます。

2009年03月30日

まじめにやっても報われない?

まじめにやっても報われない−。大学生の半数以上がそんな“冷めた”気持ちを抱いていることが29日、通信教育最大手のベネッセコーポレーション(岡山市)の調査で分かった。

8割近い大学生は、今の日本を「競争が激しい社会」と考えており、厳しい受験戦争で気持ちをすり減らしている今どきの学生の実態が浮かんだ。

実際、私のような高度成長期を経験した人間から見ると今の時代は信じられないほど厳しい状況と言えよう。

昔は大学を出れば就職するのは当たり前で、引く手あまただった。企業は優秀な学生を取るために異常な手をつかったりしていた。東大卒の学生の中には5社以上内定を得るものもいた。

ジャパンアズナンバーワンと米国からも褒められ、世界一の繁栄を謳歌していた。

それが、1985年のプラザ合意で円が変動相場制に移行し、日本はコストによる優位性を失っていった。それに加えてバブルが崩壊し、日本経済はがたがたになって行った。

それは2000年位まで尾を引き、この頃の学生達はバブル期の頃よりもしっかり勉強していた。この時期には、大したことのない企業でも東大や京大のトップクラスでも容易に採用できるようになってきている。

高学歴化が進み、製造業が衰退してきたことから日本はこれからますます厳しくなるだろう。

米国のエリート達は途方もなくよく働くが、日本もそういう人間と、のんびり生きる人間とに分かれていくのではなかろうか?

日本が生き残るためには、超エリートが必要な時期に来ているのではないか?シリコンバレーの天才のようなクレージーな偏執狂が日本の産業を救うのではなかろうか?

そのためにも、もっとアイデアや独創性を評価する社会に変わっていかなければならないのではなかろうか?

ホリエモンのような若者が出現しても叩き潰すのではなく、引き上げてやるような仕組みが必要な時期に来ているのではなかろうか?


どうしても東大に入りたい人だけ見てください

何が何でも東京大学(東大)に入りたい
東大が全て
東大しかない
東大以外大学じゃない
親が東大しか認めてくれない

まあ、最後のは冗談としても、東大以外行きたくない、という強い気持ちを持っている受験生もいることと思います。

そのためなら何浪してもいい、とまで思っている人もいるでしょう。

東大に入らなければ人生で失敗者、落後者になってしまう、と恐れている人もいるかも知れません。

私も実はその1人でした。

子供の頃からの漠然とした夢でしたが、東大に入りたい、ということを高校の時にはっきりと意識するようになりました。

でも、その時の偏差値は30台。東大どころか、どこの大学にも入れないかも知れないレベルでした。

何しろ、学年400人中367番。
クラスではびりから2番目でした。

そんな成績では東大、と言っても、誰もまともに相手にしてくれません。
ありえない、以前の話です。

幼稚園児がK-1の世界チャンピオンになるぞ、と言っているようなものでした。

お前なあ、と説得しようとしてくれる親切な人もいました。

でも、私はそんなドリームキラーの説得には全く耳を傾けませんでした。

そして、東大合格だけを目標に高3の1年間、予備校の1年間を頑張ってみました。
もちろん、その過程で何も不安が無かったわけではありませんでした。
また、常に最高の能率で勉強できていたわけでもありません。

常に不安との戦いでした。
そして、勉強法がこれでいいのか?と悩むこともありました。

さらに極めつけは非科学的な以下のような疑問でした。

私は一生東大に入れないんじゃないか?ご先祖様が何か悪いことをしている人はそのたたりが消えるまでその子孫は成功できないんじゃないのか?

とまで考えました。

私は東大に入れないんじゃないだろうか?
そういう宿命を負っているんじゃないか?
だったら今いくら努力してもダメなのでは?
だから頑張ってもあまり成績が上がらないんじゃ?

と悩んでいた時期もありました。

どんなに頑張っても運命はあらかじめ決まっていて、私は東大に入れないのではないか?

と根拠のない悩みを持っていたものです。

そして、あるときアパートで1人暮らししていたにもかかわらず、40℃の熱を出してしまったのです。そして、それは3日経っても、4日経っても熱が引きませんでした。

私はこのまま死んでしまうのだろうか?

と初めて「死」という言葉を本気で意識しました。

このまま死んでしまったら、ずっと悔いが残る。何が何でも生きて、東大に入りたい、と心底思いました。

そのとき私が何をしたか、それはちょっとここには書けません。
でも、その時にあることをしたために、死なずに済み、その後、どんどん成績が伸び、東大にも楽勝で合格することができたのです。

その時、私が何を考え、どういうことをしたのか?そしてどうやって東大に楽勝できるほどに学力を伸ばし続けられたのか?はこちらを見ればわかります。

あなたの中の天才が目覚める奇跡の受験勉強法


もうすぐ値上げする可能性があります。


夢は書くと実現する

夢、願望実現にはいろいろな手法がある。これもその一つだ。

http://www.0-okumanchoja.com/u/james9/


ところで、
夢は書くと実現する、
だから、夢は紙に書くべきだ、
とよく言われる。

これは1つにはその夢を忘れないためではないかと私は思っている。

別に紙に書かなくても、ポスターで貼っておいても同じではなかろうか?

例えば、野球選手になりたいなら、自分のなりたい野球選手のポスターを部屋や手帳に貼っておけばよい。
歌手になりたいなら、自分の尊敬する歌手のポスターを貼ればよい。
学者になりたいなら、自分の尊敬する学者の写真を貼ればよい。

それだけでも夢は実現するのではなかろうか?

あるいは、伝記を繰り返し読むのもいいだろう。

とはいえ、夢を紙に書くと実現しやすくなるのも事実だと思う。

私も本当に重要な夢を実現しようと思う時は、きちんと紙に書いていつも見えるところに貼っておくことが多い。すると本当に実現することが多い。(より正確に言えば他のいくつかの方法も組み合わせて実現の確率を上げている。)

例えば、仕事が増えてほしいと思って、その関係のことを書いておいたら、すぐに仕事が来たりしたことがあった。

あるいは、子供の成績で困っていたときに書いておいたら何とか成果が出たこともある。

自分のクライアントさんの収入を上げようと望んでそれを書いておいたら実際にそうなったこともある。

つまり、夢は書くと実現する、というのは私の体験からはかなり本当だと言えよう。

これは引き寄せの法則からも言える。いつも考えていることが引き寄せられるからだ。だから、紙に夢を書いていつも見て意識していると実際にそれが現実として引き寄せられる、ということだ。

だが、これですべての夢が叶う、というのはまだ甘いだろう。実はこれだけでは実現しない夢がある。それはいずれまた書こうと思っている。

成功法則を使ってお金を稼ぎたい人にはこんな教材もあるのでご興味があればご覧下さい。
返金保証もついてます。





世界中で成功者・お金持ちを生み続ける成功法則を英語原書でマスターする方法

英語と成功法則が同時に学べるので一石二鳥です。忙しいビジネスマンにはありがたいですね。






2009年03月29日

東大合格の秘訣と意味 ドラゴン桜も真っ青?

東大(東京大学)や一流大学に入りたい人の動機はいろいろある。
例えば、ドラゴン桜だったか、以前ちょっと見た受験マンガではこんな感じのことを1人の登場人物が言っていたシーンがあったように記憶している。

「人の上に立ち、支配されるバカの側から支配する側に立って世の中を動かしていくことができる。何だかんだ言っても、世の中を動かしているのは東大卒なんだ」

というのだ。(かなり前の記憶なので言葉はあまり正確でないかもしれないが)

だが、これは極めて危険な考えではないだろうか?
これは一見まともな理由のように見えるが、その根底には、一般大衆はバカ、支配者側はそれをうまくだまして利益を得る、というような思想を含んでいるからだ。

一般大衆はバカで、東大生は特別な存在だ、という意識を持った受験生が東大に入ったらどうなるか?東大卒は何をしてもいい、汚職をしても、違法献金をもらっても、権力によって表ざたにならなければそれでいいのだ、という考えになりかねない。

つまり、東大生のやることは何でも正しい、という発想につながりかねない。

医学部の学生の中には、俺は医学部だから、薬学部のヤツのいうことは全部間違っている、というマンガのような人も昔はいたそうだ。今もいるかどうかは不明だが・・・

ここまで来るともうマンガとしか言いようがない。
大学受験で勝てば一生勝ち組、という勘違いとも言えよう。

だが、現実は東大生と言ってももはやそれほど特別な存在ではない。会社に入ればわかるが、東大卒よりも出世している2流大学卒の人も相当存在する。東大卒でも一生平社員で終わる人もいたりする。

東大卒と言ってもセールス力や新製品開発力は必ずしも優れているとは言えないからだ。弱い人の心理や一般大衆の心理がわからなければ一般人が飛びつく新製品は作れず、セールスもうまくいかない。

私の知り合いでも東大理IIIを出て、教授になったが、それほどすごいとも思えない研究をしている普通の研究者もいる。東大卒以外でも素晴らしい研究成果を出している人もいる。例えば、iPS細胞でノーベル賞確実と言われる京都大学の山中伸弥教授も神戸大学医学部卒である。

法学部を出ても、普通に会社で普通に部長をやって平凡な生き方で終わる人もいる。

私に言わせれば、東大入学はインターハイ(高校総体)で入賞したようなものである。日本チャンピオンになったわけではないのだ。インターハイで上位に入ったエリート選手が大学で平凡な選手になってしまうケースもよくある。

同じように東大に入ってももう勉強せず、目標もなくして平凡な人生を送る人も多い。それではもったいない。

では、東大をはじめ、一流大学に入った後も成功するためにはどうすればいいのか?
それは、人の役に立つ仕事、例えば、医者とか弁護士になって、弱い人たちを1人でもいいから助けたい、というような動機であれば東大に入ったとしてもいい仕事ができるだろう。

弱い人達を救うために少しでも役に立ちたい、国をよくするために少しでも役に立てたら、という気持ちが本当の成功につながる。

そういう意味も込めて作成したのがこの教材である。

あなたの中の天才が目覚める奇跡の受験勉強法

この教材には、東大に入るために学力を上げ続ける方法も書いてあるが、それだけではない。東大に入った後も幸せに成功していくことをコンセプトにしている。決して、東大の権力を悪用して人を支配したり、不幸にするという類のものではない。

東大に入ること自体はそれほど意味はない。東大に入って何をするかが問題なのだ。東大は手段であって、目的ではない。

東大に入っても卒業せず、何年も留年したり、フリーターになったり、会社でもうまくやっていけなかったり、最悪、自殺したりする学生、卒業生もいるのだ。

それは東大に入る意味を履き違えていることから起こるのではないだろうか?その点も含めてこの教材では、東大生になった後のことも書いてある。

あなたの中の天才が目覚める奇跡の受験勉強法

全額返金保証もついているのでぜひ一度読んでみて欲しい。

2009年03月28日

K-1 ワンデイ・トーナメント 前田慶次郎が優勝

セーム・シュルトがヘスディ・カラケス(エジプト)に地力で勝ったが、KO勝ちできなかったのは物足りなかった。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090328-00000504-sanspo-fight

ヘスディ・カラケスも2mの身長があるので、攻めにくかったのかもしれない。ひざ蹴りがいつもよりも出しにくかったのだろう。

K-1ヘビー級トーナメントは、ヘビー級4人で戦う1デイトーナメントである。

メルビンマヌーフが前田慶次郎にあっさり負けた。前田慶次郎はメルビンマヌーフが突っ込んで来たところにちょうどショートフックを合わせ、顎の近くにもろに入って勝った。ラッキーパンチのような気もするが勝ちは勝ちである。

グーカン・サキ(トルコ)は延長戦で逆転勝ちして決勝に進んだ。タイロン・スポーンは惜しかったがこれも一発で逆転負けした。

どちらもラッキーパンチで一発で勝った選手同士なので面白い組み合わせと言えよう。
ところが、お互い非常にうまく、延長戦にもつれ込んだ。

最後は前田選手の方が準決勝1ラウンドで勝ったスタミナで有利となり、グーカン・サキは延長戦ではあまり手数も出せなかった。最後の10秒くらいはパンチをラッシュして前に出たがそれだけでは逆転できず、前田慶次郎が優勢勝ちした。

エキストラマッチは、2008年K-1チャンピオンレミー・ボンヤスキー対アリスター・オーフレイム(総合格闘技、ダッチ・サイクロン)だった。アリスターはバダ・ハリをも1ラウンドでKOした強い選手だ。

アリスターはレミーのキックをつかんで攻撃するのでレミーはやりにくそうにしていた。それに加えてくみあったら投げるような技を出すのでますます疲れる。

途中、アリスターの前蹴りがもろにレミーの顔面をとらえ、それから流れが明らかにアリスター・オーフレイムに傾いた感じだった。

アリスターのパンチは遅いが重いので、レミー・ボンヤスキーは2ラウンドまででかなり疲れてしまった可能性がある。

しかし、3ラウンドでひざ蹴りから打ち下ろすようなストレートがアリスターの顎をとらえ、ダウンを奪った。これが唯一のポイントになり、アリスターを下した。

これで何とかアリスターに負けなかったのでK-1の面目を保った。レミーはさすが、としか言いようがない。普通の選手なら負けていただろう。

とはいえ、薄氷を踏むような勝利であったことは間違いない。総合格闘技の選手のスタミナや、投げに対抗できる力を持つ必要があるだろう。

いずれにしても、私としては、レミー・ボンヤスキーが勝ってくれてほっとした。年末にれミー・ボンヤスキーとセーム・シュルツとの戦いを見たいものだ。







K1 ジェローム・レ・バンナがエヴェルトン・テイシェイラに判定負け

極真空手がついに悲願の仇討を果たした。

9年前、ジェローム・レ・バンナに一撃で失神させられたフランシスコ・フィリオ以来、一度もバンナに勝てなかったが、今日、初めてエヴェルトン・テイシェイラという新星が判定勝ちとはいえ、バンナを下した。

極真会ブラジル支部師範の磯辺師範もほっとしたことだろう。

地上最強をうたい文句に真剣勝負では負けなしを標榜する極真会のアンディ・フグがK-1で優勝できなかったが、アンディ・フグは極真の世界大会でも2位だったから極真会の負けとは必ずしも言えなかった。

しかし、フランシスコ・フィリオが極真の世界チャンピオンでありながらバンナに負けたことから極真も地上最強とは言い切れなくなっていた。

そして何度やっても勝てなかったが、今日初めて極真の世界チャンピオンがジェローム・レ・バンナに勝った。

やっと極真が名誉挽回したわけだが、やはり、世界チャンピオンにならなければ、地上最強とは言えまい。極真としては、今年年末のK-1グランプリファイナルで優勝して欲しいものだ。クラウベ・フェイトーザもいいところまで行ったが、準優勝だった。ぜひ今年は優勝して地上最強を証明して欲しいものだ。

次の試合は、ピーターアーツとエロール・ジマーマン略してエロジマンというふざけた名前の選手だったが、ピーターアーツが面目躍如で判定勝ちした。ボディーにいいパンチを数回決めていたがジマーマンのショートフックやアッパーもひやっとさせるものもあり、危なかったが、最後は38歳にも関わらず、22歳の若さに負けないスタミナを見せたのは立派だった。40近くなってもK-1のスピードとパワーを維持できるということを証明して見せた。

その次の試合では、クラウベ・フェイトーザ(極真空手)が澤屋敷純一を左ストレートで3回ダウンさせ、セコンドがタオルを投げ入れてTKOで勝った。

その次はセーム・シュルツだが、このあたりで一度投稿しておく。

こちらは、お金と格闘技の両方得意な廣田さんらの教材である。一度ご覧下さい。

【溝口耕児】 富と成功を掴む11のステップ 【平秀信、廣田康之、安倍鴻祥】


溝口先生はセラピストです。

白鵬が優勝、朝青龍は

大相撲春場所(大阪府立体育館)の14日目、朝青龍が大関・琴欧洲に寄り切りで破れ、この時点で白鵬の優勝が決まった。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090328-00000025-maiall-spo

白鵬は「こういう優勝もあるのか、勉強になった」とNHKのTVで語っていた。

その前に白鵬は魁皇を完璧な相撲で破り、14連勝を決めた。

朝青龍は負けた後、左ひじをさすってみせたという。これは負け惜しみで自己満足にしかならないだろう。ひじが悪いなら出場しなければよい。

これに対して白鵬は前日は38度の高熱が出ていたにもかかわらず、それについては全く言わなかったという。どんなコンディションであれ、それも実力のうち、と思っているのだろう。そしてそれが一般大衆の見方でもあろう。

こうしたところにも白鵬と朝青龍の違いが現われている。朝青龍は千場所驚異的な頑張りを見せて優勝できたが、それでも私は朝青龍の選手生命はおそらく短命だろうと密かに思っていた。

その理由は朝青龍がファンを大切にせず、相撲協会からも好かれていないことにある。朝青龍に勝って欲しいと思うファンが多いとは思えない。

応援してくれる人が少ない選手の場合、選手生命が短いことが多い。怪我をしたり、何か問題が起きて早めに引退することが多いということだ。

朝青龍の場合も今場所勝ち越しまでは気合を入れてやっていたのだろうが、それを過ぎてからは取りこぼすようになっていた。

負け始めたのが怪我のせいなのか、精神的な面で気を抜いたからなのかは不明だが、このままだと朝青龍はいずれ引退の危機を迎えることになるような気がしている。

今の印象は明らかに朝青龍よりも白鵬の方が横綱にふさわしい。白鵬は風格を感じさせる。千秋楽に向けても気を抜かずに頑張るようである。

朝青龍は横綱にふさわしい人間性、人格を身につけていないのではないか?と疑問を持たざるを得ない。

朝青龍は横綱にふさわしい、と皆から言われる位に人間性を磨かない限り、私は怪我が元で引退するような気がしている。杞憂であればいいのだが。

せっかく実力があるのだから、精神面でもそれにふさわしい人格になって欲しいものだ。ちょっとした言葉づかいだけでも人に与える影響は全く違ってくるのだから。







幸せを育てる言葉の使い方 - 絆をつくる言葉、孤独をつくる言葉とは? 日本メンタルヘルス協会外部講師の山口純子先生と神岡シンゴリスとの最新コラボレーション作 結局、あなたは絆と孤独、どちらを選びますか?



2009年03月27日

勉強ができる子の育て方 東大理科III類、文科III類現役合格

昨日は科学技術振興機構(JST)の産から学へのプレゼンというセミナーがあり、参加した。このセミナーは大手企業から中小、ベンチャー企業まで取り混ぜていろいろな企業がプレゼンをするので産学連携関係者にとっては役に立つ。

このセミナーはいつもJSTの本部で行われるのだが、そこから市ヶ谷に向かう途中に文教堂という書店がある。ここはいつ行っても面白い本を見つけられるのでよく寄るのだが、今回も期待に違わず、非常に面白い本を見つけた。この本である。



娘さん2人を東大に現役合格、しかも、1人は東大理科III類、つまり医学部進学課程に現役合格させている。妹さんも文科III類に現役合格させている。

お母さんはお茶の水女子大卒で東大ではない。

が、このお母さんの考え方は受験生を持つ親にとっては非常に役に立つだろう。いわゆる教育ママの範疇に入れてよいくらい一生懸命子育てをしているのだが、その時々で悩みながらも解決策を見つけてうまく対処されている。

子供との距離の取り方や接し方が幼児期、小学校、中学校、高校まで%で細かく書いてある。いつまでも同じ距離間ではダメで、高校生になったら、30%程度の接し方で親は見守るのがよい、等と書いてあり、共感できる。

そして、反抗期の難しい年ごろになったときの接し方、考え方まで書いてある。

マッサージチェアで肩こりをほぐしながら得意科目を勉強するというのもなるほど、と思った。

疲れを取りながら勉強もできるというやり方は合理的である。数学で肩が凝ったら、マッサージしながら得意科目を勉強して肩こりもほぐす、といういい「ながら勉強」のやり方が公開されている。

私は歯を食いしばって勉強するタイプなのだが、こういうやり方ができれば、苦手科目→マッサージで得意科目→苦手科目というローテーションが組めるので常に頭をリフレッシュしていい状態で勉強を続けることができるだろう。

もっとも、この娘さんはいわゆる帰国子女なので英語はもともと得意な方だったそうだ。とはいえ、幼児期と小学校の時代に行っているのであまり高度な英語ではなく、受験英語には使えないレベルだったそうだが。

また、アメリカでの学びもいろいろ書いてあり、日本人としては考えさせられる部分がある。

文章も非常に読みやすく一気に読んでしまった。

受験生を持つ悩める親にとって参考になる部分が非常に多いだろう。





勉強ができる子の育て方



2009年03月24日

ワールドベースボールサムライ(侍)ジャパン優勝韓国を延長で下す

侍ジャパンがワールドベースボール(ドジャーススタジアム)で延長の末、韓国を下し優勝した。2大会連続の優勝である。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090324-00000032-maiall-base

9回にはダルビッシュが2人続けてフォアボールを出し、結局三遊間を破られて韓国に同点に追いつかれた。

しかし、次の10回、イチローが何度も粘った末、センター前にきれいにはじき返し、2人の奏者を迎え入れた。

10回裏、この2点を守りきって最後はダルビッシュが1人先頭打者を出したものの、その航続を三振、フライ、三振に切って取り、優勝を決めた。

10回のイチローは決して調子がいいという感じではなく、普通なら見逃すくらいのはっきりとしたボールにも手を出していた。最後の方ではワンバウンドしたボールを打ってファールにしていたのにはヒヤっとした。あれで空振りだったら今回の優勝はなかっただろうから。

その後はイチローが三盗し、デッドボールで出た走者が盗塁で2,3塁になり、次のバッターを敬遠して、ツーアウト満塁、バッターは4番の城島だった。ここで城島は打つかと思われたのだが、結局三振して10回表が終わった。

後は上に書いたとおり最初の打者でキャッチャーを歩かせた以外は危なげなく乗り切った。

イチローは老化とか、星野の呪いとかいろいろ書かれた不振な時期もあったが、最後の方に来て本調子に戻したのはさすがである。

MVPは2大会連続松坂大輔投手が受賞した。

そして、1塁が空いているにもかかわらず勝負した韓国バッテリーはさすがだった。負けず嫌いのお国柄が影響しているのだろう。敬遠で勝っても仕方ない、真っ向から勝負して勝つ、という考えなのだろう。

ともかく、侍ジャパンが金メダルを取ったのはうれしい。

この不景気な情勢の中で日本に勇気を与えたのではないか?

昨年のノーベル賞、今年のワールドベースボール優勝。それもアメリカを破っての優勝だ。
ジャパンアズナンバーワンという言葉があったが、やはり日本には世界で勝てる力がある。
学問、野球に続いて、経済でも底力を発揮して世界一のビジネスを成功させたいものだ。

私もこれからもしっかり仕事をして頑張って行こうという気になれた。




【元巨人軍コーチ】佐野式少年野球バッティング最新指導法