aj 夢・願望実現の達人 宝地図・ドリームマップ・ビジョンボードと引き寄せの法則の実践と効果:2007年01月 - livedoor Blog(ブログ)

2007年01月

2007年01月16日

キャッシングの方法 即日キャッシングとは

即日キャッシングは、急な用事でどうしてもお金が必要な場合に、手軽で申込みができてすぐに融資してもらえる、とても便利なものです。

即日キャッシングは、審査も簡単で、振り込まれるまでの時間も短いというのが「売り」ですが、実際にインターネットでみてみると、審査時間は「5秒で可能」と宣伝している所もあるようですし、振り込みまでの時間は「最短で30分」と宣伝している所もあります。

ただし、実質年率は高いので返済時期をよく検討してから、消費者金融の利用を決めるようにしたいものです。

短期の借り入れの場合はとても役立ちますが、長期の場合は金利が高すぎるので返済が負担になり、下手をすると破産の憂き目にあうかもしれません。自分の経済力をよくよく検討した上で、返済計画を立てるようにしましょう。

即日キャッシングは確かに便利ですが、そのメリットとデメリットをよく把握しておきましょう。


2007年01月15日

キャッシング 即日キャッシングとは・・・

キャッシングも以前は、申込みをしてから数日掛かって融資されるものでしたので、利用者にとってはそれほど手軽なことではありませんでした。しかし今では、即日キャッシングをしている所が当たり前になっているようです。その場で審査して、その場でキャッシングが出来る事は、消費者にとって大変手軽で便利なことです。大手の場合も店頭に行けばその場でキャッシングしてくれるのが普通になっています。

キャッシングの審査方法も、「インターネットで申し込めば10秒で内容の審査が出来る」と宣伝している所もあるくらい、対応のスピードはアップしています。これはインターネットによる照会が可能になっており、データベース化が進んでいるためと思われます。

もっとひどい例では、ある会社にキャッシングを申し込むと、別の何社かから、審査に通りました、という申し込み用紙が送られてくる場合があります。審査も何も全く申し込んでいないのに、審査に通りましたから、ここのはんこを押して申込書を郵送して下さい、という申し出です。これは本来規約違反だと思うのですが、こういうことが平気が行われるほどこの業界の中にはルール無視の会社もあるということだと思います。コンプライアンス(法令遵守)意識が低い業界のような印象を持っています。

審査が通った後、正式に申込みをすればすぐにキャッシングが可能となります。その日に申込みをして、即日融資される、まさに手軽なキャッシングといえるでしょう。

インターネットで調べても、即日キャッシングが可能な消費者金融は50社以上はあるようです。限度額も様々で、30万くらいから500万くらいまでとかなりの幅があるようです。注意点としては、実質年率をよく調べてから決めることです。

将来確実に返済できるのであれば、キャッシングを利用するのも賢い手かも知れませんが、通常の場合は止むを得ない場合を除き、キャッシングはしない方がベターだと思われます。、


2007年01月14日

消費者金融 サラ金とは

消費者金融とは、その昔「サラ金」(サラリーマン金融)とも呼ばれていたもので、担保無しでお金を借りられる金融機関のことです。あるいはその金融機関からお金を借り入れることをいいます。

学生用には学生ローンというのもあります。

個人が自分の為に物やサービスを受けるためにその代金を、銀行などの金融機関、カード会社のローン、貸金業者から借り入れするわけですが、申込時に利用限度額を決めて契約し、限度額の範囲内ならいつでもATMやキャッシュディスペンサーなどからカードで借入や返済することが可能になっています。

消費者金融は、手軽に利用できその審査もスピード勝負で、各消費者金融会社で競い合っている感があります。直接窓口での申し込み以外に、無人の専用機からの申し込みや、インターネットからの申し込みなどもあります。早ければ30分以内に審査結果が出るものもあるようです。もちろん、店頭に行けばその場で融資してもらえます。そういう意味では非常に手軽なのですが、逆に安易に借りてしまうリスクがあるとも言えます。

キャッシングをする機械も、消費者金融の専用機だけではなく、コンビニに設置している場合や各種系列の銀行などの金融機関でも利用できるようになっています。

現代は、「キャッシング」に対してのイメージが、「借金」というものではなくて「一時的に利用する賢い方法」という考えが一般的になってきているのかも知れません。私としては全く賢いとは思えませんが、止むを得ない場合には無理の無い範囲で賢く利用したいものです。



2007年01月13日

キャッシングとは

キャッシングとは、消費者金融を行っている金融機関や貸金業者から、個人がモノやサービスなどの購入資金を直接借り入れることを意味します。

消費者金融とは、その人の信用に基づいてお金を貸してくれる金融機関で、無担保・無保証の即日簡単融資が特徴です。

申し込みの限度額も様々ですが、一時的な買い物や、短期的な資金繰りに使う場合には、キャッシングは便利なので金利を注意しながら利用すると良いと思います。ただし、それでも給料やボーナスで確実に返済できる範囲に押さえるのが賢い利用法です。

もっといえば、キャッシングをする一番のメリットはそれを投資して利息以上に儲かる場合にキャッシングを利用すべきです。いわゆる資産を買うためにキャッシングを利用するのです。

例えば、毎月1万を稼げる資産を買うのなら、10万程度のキャッシングをしても問題ないでしょう。例えば、10万でホームページを作ってもらい、それが毎月1万の利益を生むのであれば、銀行系キャッシングで借りてでも作るべきです。

本来はこうした使い方をするべきでしょうが、このように資産を購入するという使い方をする人はほとんどいないのが現状です。

消費者金融のメリットは基本的に利息の計算が日割りなので、借りてすぐに返済すれば、どこの金融機関からの借り入れよりも安くつくことが多いということ。最近では、大手の銀行系の消費者金融の会社もあるため、安心して借り入れができるでしょう。

ただし、長期的な借り入れでは金利が高くつくので利用は控えた方がいいでしょう。また返済が長引くようなこともないように気をつけましょう。


2007年01月12日

キャッシングローン比較 銀行系と消費者金融系キャッシング

 キャッシングを考える場合、銀行系と消費者金融のどちらを選べばいいのでしょうか。

 銀行系を選びたい例として、事業や学費、家やマンションの購入など、人生の信用が増す投資をしたい場合があげられます。

 キャッシングをむやみやたらとしておらず、銀行系にある程度貯金があったり、きちんと会社に勤めている場合は、利子も安く、銀行からは取引先として大切に扱われる銀行系のキャッシングローンを組むことを最初に考えてみましょう。

また、もし担保となる不動産や車があるのなら、そうした担保付のキャッシングローンを組めばさらに金利は安くなります。これは返済が無理でも確実に元本以上が保障されているので、銀行にリスクがないからです。不動産なら第1抵当権をつけるのが一般てきです。 

 消費者金融系からのキャッシングを考えるのは、どういう場合でしょうか。

 銀行系は、友人の結婚式のためや、旅行、レジャー資金といった名目でお金を借りるようなところではありません。もちろん、学資とかの名目でキャッシングローンの枠を作りさえすればあとはどんな用途に借りようが銀行からとやかく言われることはありません。極端に言えば、ギャンブル資金に使っても返済さえすれば何の問題もありません。

 消費者金融系では、審査時にこういう理由(例えばレジャー資金)なら認められることが多いようです。しかし、消費者金融系でも、ギャンブル資金はさすがに認められないようです。これは、商品先物等で損が膨らんで追証が発生した人が消費者金融で借金し、それで投資(投機)をしてさらに損を膨らませ、最後は全く返済能力がなくなり、自己破産、というパターンもあるので、そうなると消費者金融会社と言えども取り立てようがなくなるからです。

 一度利用限度額を決めて、カードを作ってしまえば、使いたいときに全国のATMからいつでも引き出せるという便利さもあります。

 財政が不健全な会社の運転資金についても対応できるような話も聞きます。

 銀行系、消費者金融系のメリット・デメリットを考え、計画的な利用を心がけたいですね。

2007年01月11日

銀行系キャッシングと消費者金融系キャッシングローン

 キャッシングを考える場合、銀行系と消費者金融系ではどう違うのでしょうか。

 銀行系のキャッシングの場合、まず利子が段違いに安いです。例えば、消費者金融系が26%くらいなのに対して、銀行系キャッシングは8%程度と約3分の1程度です。セゾン等のカード系キャッシングローンは消費者金融系に近い金利となっていますが、オリックス系は比較的安い金利だったと記憶しています。これらも時期によって変動する可能性がありますから、最新情報をチェックされるとよいでしょう。

 目的のあるキャッシング、つまり学費や事業、不動産購入などの場合は、数パーセント程度で、消費税の上乗せのような感覚です。

 とはいっても、数千万のキャッシングをすれば、それなりの利子にはなります。

 長い間会社員をしていて、貯金が数百万あり、結婚して家を購入するため貯金を下ろそうとすると、銀行員から借り入れを勧められることも多いようです。

 キャッシングする側からしても、自由に使えるお金は手元に残り、ムリのない低金利で月々少しを返済できるなら、借り入れを選択することは魅力的です。

 銀行系でキャッシングができる場合は、それなりの信用に値する仕事、預金などの取引履歴が問われます。

 ちょっと話は違いますが、住宅ローンの場合、安いところだと、1%以下の場合もあります。長期固定ローンでも2.5%程度のところも最近までありました。このくらいなら、米国ドルで預金したり、株で運用した方が利息を上回りますからできるだけ借金を残しておいたほうがよいかも知れません。

 消費者金融系からのキャッシングは、銀行系キャッシングとはかなり異なります。

 銀行系との大きな違いは、利子の高さです。10パーセントや20パーセント以上はかかるのが一般的です。最近では法定利息の15%を超える部分は支払わなくてもよい、という最高裁判決がでていますから、今後消費者金融は最高利息を15%までしかできなくなる可能性があります。

これで少しは状況が改善されるものと予想されます。

 消費者金融からのキャッシングは、審査が厳しくて保証人が必要なほど利子が安いものになります。

 簡単審査、保証人不要と言い出すほど、その信用の足らない部分が利子に回ってくるようです。


2007年01月10日

消費者金融 ヤミ金融 取立て

 ヤミ金融でお金を借りてしまうと、毎日、ひどいときには時間単位で利子がつき、日が経つほどに、金額が大きいほどに返すことが困難になってきます。

 キャッシングの中でも、銀行、消費者金融と渡り歩き、ついにヤミ金融にまできてしまえば、返すアテも力も残っていないかもしれません。

 銀行や信販会社のローンは、国で定めた利率がかかった、法律で守られたキャッシングです。これは、返さないと、法的に取り立てることができます。

 ヤミ金融、消費者金融からのキャッシングの場合、法的根拠はないとされています。

 金利は法外であり、弁護士やしかるべき相談機関に助けを求めれば、法外な部分の利子の返済から開放される例もあるようです。

 ハラがすわっているなら、取立ての訪問も電話も放っておけば、3年ほどでこなくなるという説まであります。夜逃げする手もなくはありません。

 ヤミ金融の取立ても、相手を追い詰めて生活困難にしては、返済能力もなくなってしまうことを知っています。

 法外な部分の利子の免除、月々これくらいなら返済できるというラインの引き下げを交渉し、前向きに返済していくつもりなら考えるという業界人の裏話もあるようです。

 キャッシングの計画を誤って、生涯返しきれない借金を作ってしまったとしても、子供が相続を放棄すれば、子供が返す必要もありません。

 他人に迷惑がかからない範囲で、前向きな借金生活を送っていけるよう、いろいろ検討してみましょう。


2007年01月09日

消費者金融 ヤミ金融(闇金融)とは

 ヤミ金融とは、誰でもおよそ審査なしにお金を貸してくれる業者をさします。

 これだけでは誤解を与えるかもしれません。

 ヤミ金融の勧誘は、冒頭のように甘い言葉で、巧みに利用者をそそのかします。

 「無審査」「保証人不要」「他社で借りていてもOK」

 などのチラシが、公衆電話や電柱に貼ってあったり、雑誌に広告が載っているのを目にすることも多いかもしれません。

 キャッシングで借金を重ねている人には、自分を救ってくれるありがたい存在のように思えるかもしれません。しかし、法外な利息を取られたり、一時金として数十万円を取られたりするケースも多いので、条件面は十分に聞いてみることが必要です。

 キャッシングをしようか迷っているような初心者さえ、こっちのほうが簡単そうかな、と錯覚してしまうくらい身近に宣伝が浸透しているので、注意が必要です。

 ヤミ金融では、国の法律で決まっている上限を無視した利子が取られます。

 消費者金融からのキャッシングの比ではないその利子は、10日で1割、つまりトイチなどと聞いたことがあるようなレベルはもちろん、10日で3割、時間貸しまであり、あっという間に利子が膨らんで大変なことになってしまいます。

利息だけで元金の何倍になってしまい、利息部分だけの支払いすらできなくなります。

 キャッシングで多重債務者に陥った人を助けるふりをして、消費者金融で借りれるように口ぞえするからと紹介し、気づきにくいように説明していた法外な紹介料を取るなど、手口は巧妙です。

 キャッシングの初心者は、うっかり借りないように注意しましょう。

 どうしてもここまで必要な場合は、どんな状況でも借りることはできるかもしれません。その先の利子や取立ての恐ろしさについては、十分に検討が必要でしょう。


2007年01月08日

キャッシングローン まとめローンによる整理とは

 まとめローンとは、キャッシングなどで複数の会社から借金を重ねている人向けに、借金をひとつにまとめて返済の手間はもちろん、ローンの利子を減らして救済しようというサービスです。

 いわゆる多重債務者の場合、Aというキャッシングローン会社から借りた後、その返済のために、Bというキャッシングローン会社から借金をして返済するという自転車操業をする場合があります。これをいつまでも繰り返せればいいのですが、大体、1人の債務者について300万程度が限度に設定されますから、いずれ他社からの借り入れを理由にキャッシングを断られることになります。

そういう多重債務者を救済するのがまとめローンと言われるものです。

 まとめローンは、キャッシングで重ねた借金の負担を軽くするという便利で明るいイメージが前面に出されていますが、実際のところは、多重債務者が借金で借金を返すと言えないこともありません。

とはいえ、多重債務、自転車操業を続けていてもいずれは破綻することは目に見えているわけですから、できるだけ早くこの自転車操業状態を脱出する手段としてはまとめローンは有効だと思われます。

なぜなら、自転車操業で限度額一杯の300万を借りてしまった場合、毎月の利息は6万にも上ります。毎月6万余裕資金がある会社員はそれほど多くないと思われますし、そういう人は貯金もないでしょうから、できるだけ早い時点でまとめローンにして、返済負担の少ないうちに救済すべきでしょう。

もっとも、多重債務者の場合、親や親戚、知人に言いたくないのでそういう状況に陥っているので難しい面もあるのですが。

 キャッシングで多重債務に陥っているお客様を相手にする業界なので、保証人不要、定職やその他の審査についてもいろいろなノウハウを持っており、さらに借金をしたい場合の相談まで受け付けていたりもします。

 キャッシングをしすぎてしまっても、こつこつと返済さえできれば、死ぬまで追い詰められるようなこともありません。保険金をかけられて自殺を迫られるようなことも現在ではなくなっています。最後の手段をとるよりもまずは弁護士等に相談するのが先だと思います。

 一度調べたり相談してみてもいいのではないでしょうか。



2007年01月07日

まとめローンとは 消費者金融のまとめローン

 まとめローンとは何でしょうか。

 まとめローンとは、キャッシングなどで複数社で借りた借金を、別の1箇所で借りたお金で一括返済し、返済のためのローンを新たに組みなおすことです。

 キャッシングで複数の会社から借金をしてしまうと、借金の残りや、返済の状況が本人でも分かりにくくなります。

 まとめローンにすることで、返済先を1つに絞ることができ、それまでの複数社への返済より安い利子にすることや、月々の返済額を調整することもできるようになります。これは、借りられている複数者にとっても自己破産や滞納のリスクを減らすことができるという意味で役に立つ制度だと思われます。しかし1本化するための手数料が必要だったりして、結局は利息が安くなることはあまりないような印象を持っています。(全てのキャッシングローン1本化会社を調査したわけではないので、会社によっては本当に利息が安くなるところがあるかも知れませんが)

 まとめローンを考える場合、借りかえた後の利子や、自分の状況にあったローンを提供してくれる会社かどうかをよく調べましょう。

 複数の会社から借金を重ねている場合、審査に通りにくかったり、限度額が少なくて全てを借りかえられないなど多くの問題が予想されます。まとめローン会社の場合には限度額が500万程度の会社もありますから、条件をよく確認してから申し込みをされるのがよいと思います。キャッシング、まとめ、1本化などでインターネットで検索すればヒットするので、まずはホームページで条件を確認してみましょう。

 まとめローンは、審査条件や本人の状況により、あるところはダメでも、他の会社なら融資が受けられるようなことがあります。

 むやみに申し込むと、申し込んだ履歴が個人情報として残り、その後の審査に不利になるので注意しましょう。